horsehorsehorse音楽旅の続き...

フォークソング...
は元来は民謡を指すが、民謡から派生したポピュラー音楽をも含める。後者は主としてプロテストソングである。典型的な伴奏はアコースティックギターやバンジョーであり、ロックのように電気楽器は使わない。


1940年代以降のアメリカで、プロの作曲家が作った曲ではなく、民衆の間に昔から親しまれていた民謡を演奏するプロ・ミュージシャンの動きが台頭した。

1958年にデビューしたキングストン・トリオがポップチャートで民謡 "Tom Dooley" をヒットさせたことを機にこの動きは全米に広がり、ハイウェイメン、ブラザーズ・フォア、ピーター・ポール&マリー、ニュー・クリスティ・ミンストレルズ、ボブ・ディランなど多くのアーティストが登場した。
これらのアーティスト達は次第に民謡だけでなく、民謡に影響を受けたオリジナル曲も歌うようになる。生活苦などをテーマにした民謡に影響を受けた彼らは、人種差別反対、戦争反対などの社会的なメッセージを込めた曲を多く発表した。これをプロテストソングと呼ぶ。
1963年頃にはフォーク・シーンはオリジナル曲が中心になっていった。

同時期のロックンロールがシングル盤中心であったのに対し、フォークではLP盤主体の販売が行われた。これは、ポップミュージックのアルバム志向化のさきがけと言われる。
フォーク・シーンで活躍したボブ・ディラン、ロジャー・マッギン、ジーン・クラークなどの多くのミュージシャンは、1964年のビートルズのアメリカ上陸に影響を受け、エレクトリックギター、エレクトリックベース、ドラムスというロックの楽器編成で演奏するようになった。これをフォークロックと呼ぶ。また英国でもリチャード・トンプソン率いるフェアポート・コンベンションやディック・ゴーハン、ユワン・マッコール、ペンタングル、スティールアイ・スパンなど、フォークソングを演奏する多数のミュージシャンが活躍した。



Blowin'The Wind   Bob Dylan

Early Morning Rain  Peter Paul & Mary

アメリカン・フォークとカントリーのルーツは殆ど同じということのようです。
イメージ的には...明るい曲調で日常を歌っているのがカントリー。
で、マイナー・コードも使いつつ反戦などの意思表示をするのがフォーク。
ポップ音楽系へ流れと、シンガー・ソング・ライター系への流れに分かれたという感じでしょうか。
全くの素人の印象です(^^)ゞ

全く別のルーツを持つのがブルース
先祖が奴隷として連れて来られ、奴隷解放後も被差別民族として長い年月抑圧されてきた人々
から出てきた音楽...なので明るいものはない。労働の苦しさや人生の悲しみなどが、独特な繰り返しで歌われる。

日本のフォーク...
は、戦前にあった演歌(=演説歌の略で、現在の演歌と呼ばれるものとは別物)が、戦後のアメリカンフォークの影響(ボブ・ディランやピーター・ポール&マリーの影響下にあるケースが多い)を受け、"日本のフォーク"として独自に発展していることもあり、弾き語りスタイルからバンドスタイルまで幅広く、指し示す意味範囲は広い。
ロックバンドのスタイルがグループ・サウンズ(GS) として発展したのとも似ており、GSと同じステージにフォークグループが立つことが珍しくなかった。現にGSとフォーク共演のコンピレーションアルバムは何枚も出ている。 グルー/> l">For the Peace of All Mankind

  • Dust in the Wind
  • O Come All Ye Faithful
  • Silence Is Golden
  • CloseToYou/YesterdayOnceMore
  • SkyHigh/OverTheRainbow
  • RhythmOfTheRain/IlikeChopin
  • MelodyFair/UnchainedMelody
  • 無料ブログはココログ